柏屋薄皮饅頭お試しセット

ごまゆべし

柏屋薄皮饅頭お試しセット

ルナフロマージュ

ギフト商品

オリジナル風呂敷

嘉永餅

柏屋薄皮小饅頭詰合せ

贈菓撰

ごんさい豆

お楽しみ詰合せ

冷凍生クリーム大福

冷凍柏屋薄皮饅頭

エクセル

新規会員登録はこちら


柏屋オンラインショップ会員登録


携帯サイト

QRコード

QRコードを読み取って
ごアクセス頂けます。


メルマガ会員のご登録

QRコード

メルマガ会員にご登録頂く事で、新商品情報や、お得なキャンペーン情報をお届けします!




SSLとは?

誕生ものがたり

まごころを包んで、162年

世はまさに幕末。
ペリーの黒船が浦賀に来る1年前、
奥州街道郡山宿の薄皮茶屋で、薄皮饅頭は誕生しました。

いつ生まれたの?

初代当主・本名善兵衛(ほんなぜんべえ)
柏屋薄皮饅頭を創始した
初代 本名 善兵衛

柏屋の創業は、今から160年以上も昔のこと。
柏屋の初代当主・本名善兵衛(ほんなぜんべえ)は、当時としては珍しいこしあんをたっぷり使い、 薄い皮とまごころで包んだ饅頭を生み出し、これを「薄皮饅頭」と名づけました。
薄皮饅頭は、またたく間に薄皮茶屋の名物として評判になりました。


なぜ名物になったの?

創業当時の菓子袋
創業当時の菓子袋

薄皮饅頭と熱々のお茶は奥州街道を旅する人たちの疲れをいやすところとなり、薄皮の評判は各地に広がりました。
いつしか旅人たちは、わざわざ遠回りしてでも名物の薄皮饅頭を求めて薄皮茶屋に立ち寄り、みやげとして持ち帰るようになったのです。

以来162年を経た現在、東北新幹線や東北自動車道の開通そして福島空港の開港によって、 柏屋薄皮饅頭は福島のおみやげとして全国のみなさまに愛されています。